「完売画家」中島健太氏、TBS新「朝の顔」立川志らくらを写実絵画で描く

「完売画家」として話題の中島健太が描いた番組ポスタービジュアル(C)TBS
「完売画家」として話題の中島健太が描いた番組ポスタービジュアル(C)TBS

 TBSで9月30日からスタートする、落語家・立川志らく(56)がMCの新情報番組「グッとラック!」(月~金曜・前8時)の番組ポスターを画家の中島健太氏(34)が手掛け、そのビジュアルが公開された。

 昨年、大阪で挑戦した36時間ライブペインティングや、現在までに開催された個展で500点を超えるすべての作品が完売するなど「完売画家」として知られている中島氏。「画も生き物だ」と、画を描くにあたり事前に本人を取材することをモットーとしている。

 今回も番組MCの志らく、同局の国山ハセンアナウンサー(28)、アシスタントを務める同局の若林有子アナウンサー(23)の取材を行った。

 3人の印象について「志らくさんは、言葉の世界で生きてきた言葉の達人です。なので我々とは全く別の次元で言葉に色々な重みや想いを乗せられる方だと感じています。ハセンさんは、爽やかさ中にも熱い闘志をもつ方で、番組の屋台骨となるに相応しい方だとお話しをして感じました。若林さんは、新人にもかかわらず大役を任されるスター性を備えた方。未知数ゆえに番組の鍵を握るのは意外と彼女なのかもしれませんね」と話した。

 画の余白に描かれたいきいきとした柔らかいタッチの画は、都内の幼稚園に通う園児たちに中島氏が自らお願いし、「好きなもの・笑顔」をテーマにクレヨンで自由に描いてもらったもの。

 完成作を画を見た志らくは「志らくワールドを幼稚園児の落書きで表現する中島健太の慧眼(けいがん)!」と称賛した。

 さらに中島氏は木曜コメンテーターとして番組に出演することも決定している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請