「男だろ!」の駒大・大八木弘明監督が男泣き 教え子の中村匠吾がMGC優勝

駒大・大八木監督
駒大・大八木監督

◆2020年東京五輪マラソン代表選考会(MGC)15日、東京・明治神宮外苑前発着=42・195キロ

 男子は中村匠吾(26)=富士通=が2時間11分28秒で優勝した。大学時代から現在も中村を指導する駒大の大八木弘明監督(61)は「駒大から初めて五輪マラソンランナーとなった。長かった」と熱い涙を流した。中村は残り2キロでスパートし、2位に入った服部勇馬(25)=トヨタ自動車=、3位になった日本記録(2時間5分50秒)保持者の大迫傑(28)=ナイキ=に見事に競り勝った。大八木監督は「ラストスパートのタイミングが早いか、と思ったが、よく粘った。大迫、服部に競り勝ったのは大したもんです。中村はどんどん強くなっている」と感慨深い表情で話した。箱根駅伝では運営管理車から「男だろ!」の名セリフで選手を鼓舞する名物監督がMGCで男泣きした。

 女子は前田穂南(23)=天満屋=が2時間25分15秒で優勝、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2時間29分2秒で2位。男女ともに上位2選手が五輪代表に内定した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請