【巨人】原監督 東京五輪内定・服部勇馬に「是非おめでとうと伝えたい」

試合前から笑顔の絶えない原辰徳監督
試合前から笑顔の絶えない原辰徳監督

 巨人・原辰徳監督(61)が15日、東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で2位に入り、東京五輪内定を勝ち取った服部勇馬(25=トヨタ自動車)の健闘をたたえ、来年の五輪での活躍を期待した。

 服部とは以前から親交があり、昨年12月に行われた自身の「野球殿堂入りを祝う会」にも招待していたという。「是非おめでとうと伝えたい。東京五輪でも頑張ってほしい」とエールを送った。

 上位2人に東京五輪内定が与えられるレースは、終盤までもつれにもつれた。服部は42キロ手前で大迫をかわして2位に浮上。そのまま振り切って2位でゴールし、念願の五輪切符をつかみとった。「(今回の内定が)3枠ではなく、2枠という所がスポーツの厳しい所。3人のデッドヒートがすごかったね」と興奮していた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請