【オリックス】山岡、ノーヒッター千賀投法で11勝「本当に感謝しかない」

ファンとハイタッチする山岡(奥は宗=カメラ・馬場 秀則)
ファンとハイタッチする山岡(奥は宗=カメラ・馬場 秀則)

◆オリックス3―2楽天(14日・京セラドーム大阪)

 ノーノー右腕の助言でよみがえった。山岡が8回途中4安打2失点の好投で11勝目をゲット。「きょうはできすぎですが、いい力感で投げられた」。今季5勝(1敗)を挙げていた得意のイヌワシ打線を再び翻弄し、チームの連敗を9でストップ。登板前5試合で防御率7・56だった極度の不振から抜け出した。

 ソフトバンク・千賀が無安打無得点試合を遂げた6日のロッテ戦をテレビ観戦した。千賀の連絡先は知らなかったが、「助言が欲しい」とその日のうちに親交のある同・武田に電話番号を聞いて、即アタック。「『中継ぎの気持ちで投げていたよ』と。練習法も教えてもらいました。本当に感謝しかない」。金言を参考に脱力投法に改良して、新境地を切り開いた。

 投球回数は自己最多153回1/3に達し、最高勝率のタイトルの可能性も残した。「どう投げたらいいかわからない…」と自信喪失していた背番号「13」に笑顔が戻った。(小松 真也)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請