萩野、200M個メ2位「ショックは大きい」

茨城国体に出場した萩野
茨城国体に出場した萩野

◆競泳 茨城国体(14日、ひたちなか市・山新スイミングアリーナ)

 リオ五輪400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(25)=ブリヂストン=が、成年男子200メートル個人メドレーで1分59秒76の2位に終わった。「自分の中でもショックは大きい」と落胆を隠せなかった。

 不振による休養から復帰2戦目。日本代表合宿の参加および国立スポーツ科学センター(JISS)の使用が可能となるインターナショナル標準記録の1分59秒23を目標としていた。だが最後の自由形で「ここからだというときに体が動いてくれなかった。あちゃちゃ、と」。復帰初戦のW杯東京大会(8月)以降は順調に練習を積めており、レース前は「楽しみです」と声を弾ませていたが「受け止めなきゃいけない。準備していないことが原因。足りてない部分を挙げたらきりがない」と話した。

 予選後にはシンガー・ソングライターのmiwa(29)との結婚に初めて言及し「力を得たので、2020年に向かって全力で頑張る」と笑顔で話した。15日は100メートル背泳ぎに出場。10、11月にはスペインで高地合宿参加を予定しているが、インター標準を切れない場合は強化プランを大幅に練り直す可能性が出てくる。(太田 倫)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請