【楽天】代走・オコエが1点を追う9回に絶妙ヘッスラで二盗に成功「セーフになるにはあれしかなかった」

9回1死一塁、打者・渡辺佳の時、一塁走者・オコエが二盗を決める。遊撃手・太田
9回1死一塁、打者・渡辺佳の時、一塁走者・オコエが二盗を決める。遊撃手・太田

◆オリックス3―2楽天(14日・京セラD)

 楽天・オコエ瑠偉外野手(22)が、絶妙なヘッドスライディングで二盗を決めた。1点を追う9回1死一塁で代走に起用されると、続く渡辺佳の打席の4球目にスタート。タイミングはアウトだったが、タッチされそうになった右手をよけて左手でベースタッチ。判定はセーフで、オリックス側はリクエストをしたが、ジャッジは覆らなかった。

 オコエは「ディクソンはクイックのタイムが速いし、若月さんも肩がいいのも分かってたから、最初から不利なのは分かってました。普通のスライディングで勝負しても厳しかったし、セーフになる方法と言えばあれ(ヘッドスライディング)しかなかった。右手にタッチが来たなというタイミングでよけて、左手でベースにタッチしました。あそこから下位打線というところで、平石監督からも『できれば行ってほしい』と言われていた。コミュニケーションを取る中で、しっかり想定ができて、いいスライディングができました」と自画自賛した。

 その後、渡辺佳が四球を選び、1死一、二塁に。長打が出れば逆転という好機をつくったが、フェルナンドが遊ゴロ併殺に倒れて試合終了。それでも、1点を追う9回に、代走で、ディクソン―若月という超強力バッテリーから二盗を決め、大いに存在感を発揮した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請