輪ゴムでバンジージャンプできる? 「かまいたち」冠番組のレギュラー化期待

「かまいたちの机上の空論城」に出演する(左から)次長課長・河本準一、ゆきぽよ、かまいたちの山内健司と濱家隆一、谷本星奈アナウンサー
「かまいたちの机上の空論城」に出演する(左から)次長課長・河本準一、ゆきぽよ、かまいたちの山内健司と濱家隆一、谷本星奈アナウンサー

 お笑いコンビ「かまいたち」が司会を務める大阪・カンテレの実験バラエティー「かまいたちの机上の空論城~やってみたらこうなる!…ハズ~」が15日深夜1時から放送される(関西ローカル)。

 「机上の空論」は、本当に空論なのか、実際には役立つ実論なのか? を徹底検証する番組。「輪ゴムでバンジージャンプができる…ハズ!」では、3万5000本の輪ゴムをつなぎ合わせて、8・3メートルの高さからバンジージャンプに挑む。他には「高いところから野球のボールを投げれば誰でも150キロの速球が投げられる…ハズ!」や、速く50メートルを走るコツなど、若手芸人を中心に体を張って検証する。

 冠番組とあって、濱家隆一(35)は「僕らの番組っていう感じが強いので、めちゃくちゃ意気込みました」。山内健司(38)も「冠のレギュラー番組はないので、そこにつながれば」とレギュラー化を期待した。

 東京進出前、大阪で数々のロケで経験値を積んだ2人。山内は、輪ゴムのバンジーにドキドキしたといい「普通のしっかりとした設備で飛んでもめっちゃ怖いものを、輪ゴムで飛ぶって相当怖いやろうなって。このご時世に、こんなバカなことを真剣にやっているっていうのが見ていて楽しかった。僕らの番組っぽいなあと思いました」と語った。

 濱家も「本当に手作り感のある番組。若手芸人たちにチャンスを与えて、大阪の番組の優しさが詰まっている本当に芸人思いの番組。そこを見てほしい」とPRした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請