瀬古利彦氏、MGCの“お茶の間ジャック”に期待「テレビの視聴率が知りたいよね」

瀬古利彦氏
瀬古利彦氏

 20年東京五輪選考会の「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC、15日)を翌日に控え、日本陸連の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが14日、都内で取材に応じた。

 3枠の東京五輪代表のうち、2枠が決まる一発勝負の大一番。瀬古リーダーは「いよいよやってきた、という感じ。これだけトップ選手が集まって走ったことは記憶にない。テレビの視聴率が知りたいよね。僕の時(福岡国際)は35%くらいあったみたいだから、それくらい出したい」と笑顔。男子がTBS、女子はNHKで中継される。

 男子で有力選手の設楽悠太(ホンダ)が序盤からの積極的な仕掛けをにおわせるなど、各選手の駆け引きも続く。瀬古リーダーは「僕なら本当の事は言わないから、ハッタリかなと思ったり。楽しみですね、どういう展開になるか」。もし自身が現役でMGCを走るならばどうするか、と尋ねられると「瀬古さんの伝家の宝刀はトラック勝負。いちょう並木の手前でスパートします」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請