【巨人】沢村「ブルペンデー」で先発、復帰登板のリベンジだ

14日に先発予定の沢村は調整(カメラ・泉 貫太)
14日に先発予定の沢村は調整(カメラ・泉 貫太)

 巨人の沢村拓一投手(31)が、14日の広島戦(東京D)に先発する。現在、1軍登録されている先発投手は桜井、高橋、山口の3人のみ。首脳陣は、谷間となった14日の先発候補を2軍からの昇格も含めて検討した結果「ブルペンデー」とし、中継ぎの沢村を先発に立てる決断を下した。5月以降はリリーフとしてブルペンを支えてきたが、入団から4年間は先発陣の一員として活躍。ルーキーイヤーの11年11勝をマークして新人王を獲得したように、スターターの経験値は十分だ。

 右脇腹痛からの復帰登板となった11日のDeNA戦(横浜)では、2点ビハインドの6回2死満塁から救援。イニングまたぎとなった7回、梶谷に2ランを浴びてリードを広げられた。「次はやり返したい」と誓っていた沢村が名誉挽回の投球を見せてくれるはずだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請