【巨人】阿部、さすが主軸だ中押し打で打率3割3厘

4回2死一、三塁、阿部は右前適時打を放つ
4回2死一、三塁、阿部は右前適時打を放つ

◆巨人5―1広島(13日・東京ドーム)

 ベテランのひと振りが、チームに流れを戻した。1点差に詰め寄られた直後の4回2死一、三塁。阿部は広島先発・九里の外角低めに沈むチェンジアップに食らいついた。名手・菊池涼の横を抜ける適時打に「打ててよかったよ」と振り返った。相手に傾きかけた流れを即座にシャットアウトした。

 その後7回1死では右翼ポール際へ特大弾…かと思われたが、リプレー検証の結果ファウル。それでも11球目を見極め四球で出塁。直後に増田大が送られ、途中交代となったが、この四球を足がかりにチームはこの回ダメ押しとなる2点を追加した。

 初回1死一、二塁でも右前打を放ち、チャンスメイク。規定打席未満ながらこれで打率を3割3厘とし、大台に乗せた。リーグ優勝を知る数少ないメンバー。先頭に立ってプレーで引っ張る阿部の存在が、チーム全体に勢いを与えている。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請