【阪神】メッセ引退にナイン惜別の声 球児「エースでした」

引退を発表した阪神・メッセンジャー
引退を発表した阪神・メッセンジャー
2015年の春季キャンプで、女性ファンからのチョコレートに笑顔を見せた阪神・メッセンジャー
2015年の春季キャンプで、女性ファンからのチョコレートに笑顔を見せた阪神・メッセンジャー

 阪神は13日、ランディ・メッセンジャー投手(38)の今季限りでの引退を発表した。

 エース右腕の引退表明を受け、阪神の選手、矢野監督ら首脳陣が報道陣に対応。それぞれが思いのこもったコメントを寄せた。

 矢野燿大監督「現役、最後一緒にやったしね。ずっとチームの中心で引っ張ってくれて。ましてや外国人枠が外れて日本人(扱い)というところまでやってくれた。タイガースにとって功績は大きいと思う」

 藤川球児投手「エースでした。異国からやってきて、ハイパフォーマンスを見せてくれた。自分がやるという気持ちでプライドを持ってやっていた。エースとは孤高の存在ということです」

 能見篤史投手「すごいタフでしたし、一緒に切磋琢磨(せっさたくま)してやっていたので残念。元々パワーはかなわない。そこに投球技術が加わって、精度の高い投手でした」

 福留孝介外野手「本人の中と体で起きていることが違っていたと思う。精いっぱいやったんじゃないですか。ベテラン、若手に関係なくお手本だった」

 梅野隆太郎捕手「けん制、クイック、何でもできた。リズム良く投げさせる大切さを学びました。ランディに育ててもらった」

 

 福原忍投手コーチ「一緒に先発でやって、長いイニングを投げてもらって助けてもらった。寂しいですね」

 藤井彰人バッテリーコーチ「4年前に(自分が)辞める時(辞めることを言っていないのに)あいつが分かって投げてくれたのを思い出すね。すごい助けてもらった部分があって。第2の人生、何でもできる。お疲れさまでした」

引退を発表した阪神・メッセンジャー
2015年の春季キャンプで、女性ファンからのチョコレートに笑顔を見せた阪神・メッセンジャー
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請