嵐が陛下即位をお祝い…記念式典でパフォーマンス披露へ

嵐

 5人組人気グループ「嵐」が、11月9日に皇居前広場で開かれる天皇陛下の即位を記念した式典でパフォーマンスを披露することが13日、分かった。

 メンバーが出演するのは「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」。経済界や保守系団体などからなる「奉祝委員会」と超党派の国会議員連盟などが主催するもので、天皇陛下もお言葉を述べられる予定となっている。

 同所では、1999、2009年にも当時天皇だった上皇さまの即位10年、20年を記念した国民祭典が開かれた。99年には「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が「アニバーサリー」を演奏。09年の祭典では、秋元康氏(61)が作詞、岩代太郎氏(54)が作曲した奉祝曲「太陽の花」を、EXILEのメンバーが歌い上げた。

 また、今年4月に同委員会が東京・隼町の国立劇場で開催した「即位30年奉祝感謝の集い」では、北野武監督(72)によるブラックジョーク満載の祝辞が話題に。来年末での活動休止を発表している嵐が、陛下を前にどのようなパフォーマンスを見せるかに注目が集まる。

 10月22日には皇居・宮殿で天皇が日本国の内外に即位を宣言する儀式「即位礼正殿の儀」が開かれるほか、祝賀パレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」、祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が行われる。また、式典後の11月14、15日には即位後初の新嘗祭(にいなめさい)となる「大嘗祭(だいじょうさい)」が実施される。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請