ボートレース三国【G1ヤングダービーまであと4日】2コースの2、3連対率は全国1位

三国の2コース2連対率、3連対率は全国トップ。強めの追い風になると差しが利く
三国の2コース2連対率、3連対率は全国トップ。強めの追い風になると差しが利く

 ボートレース三国は福井県坂井市にある。北陸と言えば荒波の日本海をイメージする方も少なくないだろうが、レース場は海岸ではなく、淡水のプール型。今年度は上半期の90日間、モーニングレースを開催しているが、当大会は通常の昼間開催で行われる。

 競走水面は広い。スタンド側からの距離が、センターポールまでが62メートル(全国2番目)、1Mまでが45メートル(全国6番目)あり、まくり切るのは容易ではない。アウト勢がスリットで先手を取っても、締めて行く途中でイン艇に先に回られたり、握って攻めても内艇に残されたりする。また、艇の間隔が広い分、差し、まくり差しに入りやすい。

 ◇三国コース別成績(18年9月12日~19年9月11日)

 コース 1着率 2着率

 〈1〉 54・7% 18・4%

 〈2〉 17・3% 27・8%

 〈3〉 12・1% 20・0%

 〈4〉 10・1% 18・0%

 〈5〉 4・3% 11・4%

 〈6〉 1・9% 4・7%

 イン1着率は全国平均の55%とほぼ同じ。スローが不慣れな選手もいるルーキーシリーズ、ヴィーナスシリーズとは違い、当節出場選手のほとんどは実力が備わっている面々だけに、内有利の傾向に変わりはないだろう。ただし、ホームで『強めの追い風』が吹いている時はイン艇のターンが甘くなりがち。差し、まくり差しがはまるケースがあり、これが穴の出るパターンだ。特に2コース成績は特筆もの。1着率は全国2位。2連対率45%、3連対率63・5%は全国1位の数字だ。

 モーターは4月に新しく切り替わっており、オバケモーターはない。有望なのは38、41、47、72号機。この4基を引いた選手は注視したい。チルト角度はマイナス05、0、05、1、15、2、3の7段階が使用可能となっている。(佐々木 伸)

ギャンブル

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請