炎鵬、中学同級生の輝破り通算100勝目!体重差65キロなんの

炎鵬(左)は、押し出しで輝を破る 
炎鵬(左)は、押し出しで輝を破る 

◆大相撲秋場所6日目(13日・両国国技館)

 西前頭11枚目・炎鵬(24)=宮城野=が、東前頭13枚目・輝(25)=高田川=を押し出して1敗をキープした。

 両者は小学生時代からのライバルで、石川・金沢市立西南部中の同級生でもある。体重163キロの輝を下から下からと攻めた98キロの炎鵬。体重差65キロをものともせず、2017年春場所初土俵以来、通算100勝目を挙げた。

 7月の名古屋場所の幕内初対戦では、炎鵬は押し倒しで敗れており、リベンジに成功した。

 土俵を離れれば同郷のふたりは仲がいい。中学時代は相撲道場まで約20分、一緒に徒歩で下校していた。8月の北海道巡業でも、すし店で食事をともにした。グルメな輝が、いつものように店選びを担当し、予約を入れた。炎鵬は「食事中は相撲の話題は一切、しないです。(名古屋で)負けたので思い出すと悔しいじゃないですか。次なる戦いは始まっていましたから。輝のほうが入幕は早いですけど食事の支払いは…僕でしたね」と、昔話に花を咲かせた。

 これで輝との対戦成績は1勝1敗。炎鵬は「意識しない相手と言っても意識してしまう。先場所より少し成長できたかなと思います」と、良きライバルに感謝した。優勝争いでも1差追走のまま、中盤戦に突入した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請