浜寺、うれしい初優勝!猛攻12点で4回コールド…第4回明石ボーイズ中学生硬式野球大会

4回2死一、二塁から浜寺・木村がコールド勝ちとなる2点二塁打を放った
4回2死一、二塁から浜寺・木村がコールド勝ちとなる2点二塁打を放った

◆第4回明石ボーイズ中学生硬式野球大会 ◇中学生の部▽決勝 浜寺ボーイズ12―2兵庫西宮ボーイズ=4回コールド(7日・三木総合防災公園野球場)

 「第4回明石ボーイズ中学生硬式野球大会」の決勝が7日行われ、浜寺ボーイズ(大阪南支部)が12点を奪う猛攻で4回コールド勝ち。新チームでうれしい初優勝を飾った。

 浜寺の“恐怖の8番打者”が試合を決めた。8点をリードした4回2死一、二塁で木村が登場。「いい場面で打席がまわってきたので、絶対に決める」。夢中で振り抜いた打球は左越えの2点二塁打。コールド勝ちにこだわり、この回、ずっとベンチから発せられた吉澤監督の「木村につなげろ!」のゲキに見事に応えてみせた。

 8番打者だけでなく、新生・浜寺打線は驚異の一言だ。初回には準決勝で本塁打を放った南川が先制打。2回には塔本、南川の適時打などで一挙に6点を奪うと、4回にも代打・内山もタイムリーを放った。

 終わってみれば、11本の長短打を集め12得点。新チームで臨んだ初の大会で最高の結果を出した。大会最優秀選手に輝いた今井主将は「一人一人きっちり仕事ができるチームにしたい」と宣言。攻守の要・南川も「浜寺に敵なしと言わせたい」と力強い。まずは関西秋季大会の支部予選で“浜寺旋風”を巻き起こす。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請