馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

【アイリッシュチャンピオンS血統分析】ガリレオを中心としたサドラーズウェルズ系が優勢

 小欄ではG1アイリッシュチャンピオンSについて血統面からアプローチしてみたい。過去5年の血統傾向を見ると、3着以内馬15頭のうち12頭がノーザンダンサー系種牡馬の産駒で、残りの2頭はミスタープロスペクター系、1頭はヘイルトゥリーズン系(ディープインパクト産駒のサクソンウォリアー=昨年2着)だった。先月のインターナショナルSと似た血統傾向となっている。

 ノーザンダンサー系では、ガリレオを中心としたサドラーズウェルズ系が優勢で2勝、2着3回、3着5回。デインヒルやケープクロスを主力とするダンチヒ系は一撃必殺的に2勝を挙げている。

 今回の出走予定馬は、いずれもノーザンダンサー系種牡馬を父に持つ。しかもサドラーズウェルズ系とダンチヒ系だけで絞り込みが難しい。ここは母方の血統にも着目しながら推奨馬を選んでみた。

 マジカルは、父がサドラーズウェルズ系のガリレオ。父は2001年の当レースでファンタスティックライトとの競り合いの末に2着に敗れたが、産駒は2008年ニューアプローチ、2010年ケープブランコ、2017年デコレーテッドナイトが勝利を収めている。また、ガリレオ産駒は、2014年2着のオーストラリアから昨年3着のドーヴィルまで、ここ5年連続で3着以内に入っているだけに要注意だ。母ハーフウェイトゥヘヴンは愛1000ギニー、ナッソーSなどG1・3勝。

Galileo
鹿毛 1998
サドラーズウェルズ系

Sadler's Wells
鹿毛 1981
Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea
栗毛 1989
Miswaki
Allegretta
Halfway To Heaven
黒鹿毛 2005
ヌレイエフ系
Pivotal
栗毛 1993
Polar Falcon
Fearless Revival

Cassandra Go
芦毛 1996

Indian Ridge
Rahaam

マジカル血統表

 エラーカムは、父がガリレオ後継のフランケル。父の代表産駒クラックスマン(G1英チャンピオンS連覇)こそ3歳時から非凡な才能を発揮したが、モズアスコット(安田記念)やドリームキャッスル(ジェベルハッタ)、コールザウインド(カドラン賞)など古馬になってから資質を開花させる例が目立ち、エラーカムもこのパターンに当てはまるのではないかと見ている。母アトラクションは英・愛の1000ギニーやコロネーションSなどG1・5勝を挙げた名牝でもあり、G1制覇の下地は既に整っている。

Frankel
鹿毛 2008
サドラーズウェルズ 系

Galileo
鹿毛 1998
Sadler's Wells
Urban Sea

Kind
鹿毛 2001

デインヒル
Rainbow Lake
Attraction
鹿毛 2001
ハイペリオン系
Efisio
鹿毛 1982
Formidable
Eldoret
Flirtation
鹿毛 1994
Pursuit of Love
Eastern Shore

エラーカム血統表

 ディアドラは、父がダンチヒ系デインヒルの流れをくむハービンジャー。父は“キングジョージ”を11馬身差かつコースレコード(当時)で大勝したように硬い馬場への適性が高い。ディアドラがナッソーSに勝った際もやはり速い時計の出る馬場だったから、父の血が生きたのかもしれない。

ハービンジャー
鹿毛 2006
ダンチヒ系
Dansili
黒鹿毛 1996
デインヒル
Hasili
Penang Pearl
鹿毛 1996
Bering
Guapa
ライツェント
青鹿毛 2007
サンデーサイレンス系
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995
サンデーサイレンス
キャンペンガール
ソニンク
黒鹿毛 1996
Machiavellian
Sonic Lady

ディアドラ血統表

 曽祖母ソニックレイディはサセックスSやムーランドロンシャン賞などG1・3勝の名マイラー。ちなみに血統表には入らなかったが、ディアドラの6代母ルーカスランドは、エラーカムの5代母にあたる。遠縁ながらディアドラとエラーカムは同じファミリーということになる。

 ヘッドマンは、父がダンチヒ系グリーンデザートの孫キングマン。2014年の欧州年度代表馬に輝いた父は、愛2000ギニー、セントジェイムズパレスS、サセックスS、ジャックルマロワ賞とマイルG1を4連勝。8戦7勝、2着1回という準パーフェクトの戦績を残した。祖母ダンスルーティンの産駒にフリントシャー(パリ大賞などG1・5勝、凱旋門賞2着2回)、曽祖母アポジェの孫に凱旋門賞連覇の女王エネイブルと、母系も強力。父母ともにオーナーのハリド・アブドゥラ殿下ゆかりの血統馬で、先々まで楽しみな逸材である。

Kingman
鹿毛 2011
ダンチヒ系

Invincible Spirit
鹿毛 1997
Green Desert
Rafha
Zenda
鹿毛 1999
Zamindar
Hope
Deliberate
鹿毛 2006
ミスタープロスペクター系
キングズベスト
鹿毛 1997
Kingmambo
Allegretta
Dance Routine
鹿毛 1999
Sadler's Wells
Apogee

ヘッドマン血統表

 ◆成田幸穂(なりた・さちほ) 1984年8月8日、東京生まれ。(株)サラブレッド血統センター所属。週刊競馬ブック連載「海外競馬ニュース」の編集を担当。同誌のほか、南関東版・競馬ブックと研究ニュースで予想コラム「血統アカデミー」を執筆中。

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請