大迫、勝負所に「ラスト5キロ」…選手らが15日号砲のMGCのポイント語る

MGCの記者会見の合間に談笑する村沢明伸(左)と大迫傑(カメラ・相川 和寛)
MGCの記者会見の合間に談笑する村沢明伸(左)と大迫傑(カメラ・相川 和寛)

 15日に行われる東京五輪代表選考会MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場選手会見が13日、都内で行われた。男女計40人が出席。男子日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=は「正直分からないですけど、坂もあるし、その辺が勝負所になるのでは」と語った。

 会見ではフリップボードでそれぞれの質問に応えた。レースの勝負所を問われると、前日本記録保持者の設楽悠太(27)=ホンダ=は「10キロ」。「前半の10キロをどれだけ自分のペースで走れるかがカギ。大切にしていきたい」。18年アジア大会覇者の井上大仁(26)=MHPS=は「前半なり、後半なり誰かが勝負をかけてくると思う。そこで耐えられるか」とポイントを挙げた。

 18年福岡国際を日本人14年ぶりに制した服部勇馬(25)も「普段から安定した結果を残せるのが強み」と大一番へ向けて闘志を燃やした。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請