大坂なおみが今年2度目のコーチ電撃解任 当面は父がサポート

大坂なおみ
大坂なおみ

 女子テニスで世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=が13日、ツイッターを更新し、専属コーチのジャーメーン・ジェンキンス氏(米国)との契約を解消したことを発表した。事実上の解任とみられる。「ジェイ(ジェンキンス氏)とはもう一緒に仕事はしない。とても素敵な時間を過ごし、コートの内外でたくさんのことを学んだが、今は変化のための適切な時期と感じている」と記した。

 2月に、4大大会の全米オープン、全豪オープン連覇当時のコーチであるサーシャ・バイン氏を電撃解任。かつてビーナス・ウィリアムズ(米国)の専属の練習パートナーを務めた経験があり、米国テニス協会のナショナルコーチを務めていたジェンキンス氏をコーチに迎え、3月のBNPパリバ・オープン(米国)からともに戦ってきた。しかし、全仏オープンでは3回戦、ウィンブルドン選手権では1回戦、V2を狙った全米オープンでも4回戦で敗退していた。ネットプレーなどに一定の進歩は見られたが、グランドスラムで結果を出せなかったことが最も大きな理由とみられる。

 今後は地元・大阪での東レ・パンパシフィックオープン(16日開幕)に出場予定だが、当面は父のレオナルド・フランソワ氏がサポートするとみられる。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請