前澤氏、ZOZO社長退任「社員のことを思うと…」涙ぐむ 宇宙準備と新事業設立で決断

おそろいのTシャツでツーショットに納まる前澤友作氏(右)と孫正義氏
おそろいのTシャツでツーショットに納まる前澤友作氏(右)と孫正義氏
会見で天を仰いで涙ぐむ前澤友作氏
会見で天を仰いで涙ぐむ前澤友作氏

 インターネット衣料品通販大手ZOZO創業者の前澤友作社長(43)が12日、都内で2時間に及ぶ会見を行い、自身の社長辞任とZOZOがヤフーの傘下となることを発表した。

 約37%の株式を保有する前澤氏は約30%分を売却し、2400億円あまりを手にする見込み。今後は2023年に予定されている月旅行と「それ以前に月より近場に行く予定」と明かす宇宙への準備、そして起業家として新事業の立ち上げを目指す。

 真っ白のTシャツに書かれていたのは「Let’S Start Today」(新しいこと始めよう)。自身で書いた、旧社名「スタートトゥデイ」にちなんだ文字とともに会見場に現れた前澤氏は「こんにちは。『前社長』となりました、前澤でございます」とあいさつした。

 民間初の月旅行計画、女優の剛力彩芽(27)との交際、ツイッターでの度重なる炎上…。話題を振りまき続けた名物社長が1998年の創業以来21年間にわたって築き上げてきた会社を退任。「きょう朝、発表を受けて社内は騒然としました…」と言いかけて言葉をつなげず「社員のことを思うと…」とハンカチで涙を拭った。

 「もちろんかなり悩んだ」と話す辞任の理由。前澤氏は「宇宙行きの準備」と「新事業設立」の2つを上げた。「2023年に月へ渡航するんですが、その準備はいろいろしております」とした上で「実はもう一回、宇宙に行くことになっておりまして。詳しくは話せないんですが。月より近場でかつ23年より前」と告白。「そちらの準備、トレーニングも多くなるので、辞任ということですね」と、宇宙行きへの集中が決断の一因となったことを挙げた。さらに「もう一つ、やはり事業やりたいです」とも明言。具体的に何をするのかは決まっていないという。

 今回の株式売却で、前澤氏自身が得る総額は約2400億円。報道陣からの「株式が抵当に入っていて、借金分が2000億円を超えると思いますが…」などの質問には「資本提携と借金は関係ない。首が回らなくなったから急いだ、というのは事実とは異なる」と、借金がきっかけであることは強く否定した。

 ZOZOは今年1月、2007年の上場以来初の減益となることを発表。今回の株式公開買い付け(TOB)は、前澤氏側からヤフーに資本提携を打診した。ヤフーは10月上旬にもTOBを開始し買い付けの上限を50・1%に設定、投資額は4000億円となる。

 ◆前澤 友作(まえざわ・ゆうさく)1975年11月22日、千葉県生まれ。43歳。93年、早実高在学中にパンクバンド「Switch Style」を結成しドラムを担当。同高卒業後の98年にメジャーデビューした。同年「スタート・トゥデイ」を設立し、04年にファッションサイト「ZOZOTOWN」を開設。18年に社名を「株式会社ZOZO」に改称した。

 ◆前澤氏の話題メモ

 ▼紗栄子と交際 2015年10月に報じられ、同年12月に紗栄子がブログで交際を宣言。17年8月に破局

 ▼高額絵画購入 17年5月、オークションで米国人画家ジャン・ミシェル・バスキアの作品を123億円で落札

 ▼剛力彩芽と交際 18年4月に報じられ、交際を認める

 ▼球界参入 18年7月、ツイッターで意欲。ZOZOマリンを本拠とするロッテ買収などがうわさとなるが、同12月に一時断念を表明

 ▼月旅行 18年9月、米宇宙ベンチャー「スペースX」と23年に民間人として初めて月の周囲を飛行する旅行に行く契約を結ぶ

 ▼1億円お年玉 今年1月、自身のツイッターで「100人に100万円をプレゼントする」と宣言

おそろいのTシャツでツーショットに納まる前澤友作氏(右)と孫正義氏
会見で天を仰いで涙ぐむ前澤友作氏
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請