【札幌】武蔵、代表生き残りへゴール量産狙う…14日に本拠地で仙台戦

札幌FW鈴木(左から2人目)は、満面の笑みでMF荒野と抱き合う
札幌FW鈴木(左から2人目)は、満面の笑みでMF荒野と抱き合う

 J1北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵(25)が、代表定着へ、ゴールを決め続ける。カタールW杯アジア2次予選に日本代表として臨んでいた鈴木が12日、宮の沢でチームに合流。10日のミャンマー戦で後半31分から出場するも、代表初得点はならなかった。「目に見える結果を出せなかった悔しさはある。もっとインパクトを残さないといけないと感じた」と不完全燃焼だった。

 今後も代表に生き残るべく、札幌での活躍にこだわる。「毎回結果を出せばチャンスは増えるので」。Aロペスと並び、現在チーム最多タイの9得点。これを更に伸ばしていけば、10月以降も代表に招集される可能性は高くなる。そのための第一歩となる14日のホーム・仙台戦へ「アグレッシブにダイナミックに、自分らしくやって得点して、勝利に導きたい」。2戦連弾での2連勝に、武蔵が狙いを定めた。(砂田 秀人)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請