馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

【セントライト記念】リオンリオンの成長実感 松永幹調教師「ひと回り大きくなりました」

ビルドアップした馬体でCWコースを駆けたリオンリオン
ビルドアップした馬体でCWコースを駆けたリオンリオン

◆セントライト記念追い切り(12日・栗東トレセン)

 菊花賞(10月20日、京都)トライアルの第73回セントライト記念・G2(16日、中山=3着まで優先出走権)の出走馬が12日、確定した。東西トレセンで追い切りが行われ、リオンリオンは栗東・CWコースを単走で上がり重点にまとめた。宮崎尚行記者がジャッジした。

【松永幹調教師に聞く】

 ―最終追い切りは栗東・CWコースを単走で6ハロン84秒2―12秒5でした。

 「上がり重点で予定通り。もともとチップではあまり動かないけど、良かったと思います。先週もしっかりとやりましたからね。早くから戻して函館でも乗ってきたので、いい状態で出せると思います」

 ―青葉賞優勝後の日本ダービーは15着でした。

 「状態が落ちた感じはなかったけど、ペースや枠順もあったと思います。ただ、あのペースで行ってバタバタではなく、最後までしっかりと走れていましたから」

 ―放牧を挟んでの成長、変化はいかがでしょうか。

 「背が伸びて、ひと回り大きくなりました。もともと見栄えのする馬でしたが、さらに良くなりましたね。いろいろな面で成長を感じます」

 ―菊花賞を見据えた前哨戦で、青葉賞Vに導いた横山典騎手と再コンビ。意気込みをお願いします。

 「心強い鞍上で期待しているし、非常に楽しみ。本当に状態はいいので、次につながる競馬をしてほしいですね」

【調教比較】

 前走の最終追いは栗東・CWコースの併せ馬をいっぱいで6ハロン83秒4―12秒0。当時も今回も動き自体は地味に映るが、単走でやれたことに順調さがうかがえた。同コースで併せた先週の動きも良く、成長を見込める。

【宮崎のジャッジ】

 日本ダービーは押して押して、前半1000メートル57秒8の逃げ。15番枠も厳しく、さすがに流れが速くなった。立て直して、陣営は良化ぶりにも手応え十分。さらにG2制覇を含め〈3〉《1》《1》着の横山典騎手の手綱は大きな魅力だ。

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請