午前組が終了、首位は4アンダーで「黄金世代」の高橋彩華、畑岡奈紗は2位

多くのギャラリーに見つめられながらドライビングレンジで練習を行う渋野日向子(カメラ・渡辺 了文)
多くのギャラリーに見つめられながらドライビングレンジで練習を行う渋野日向子(カメラ・渡辺 了文)
1番、ティーショットを放つイ・ボミ(カメラ・渡辺 了文)
1番、ティーショットを放つイ・ボミ(カメラ・渡辺 了文)

◆女子プロゴルフツアーメジャー第2戦 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第1日(12日、兵庫・チェリーヒルズGC=6425ヤード、パー72)

 今季のメジャー2戦目が開幕し、午前組がホールアウトした。1998年度生まれの「黄金世代」である高橋彩華が、4アンダーで単独首位に立っている。3アンダーの2位には同世代の畑岡奈紗のほか、木村彩子、韓国の全美貞(ジョン・ミジョン)、そして午後組で出て、2~4番で3連続バーディーを取った小祝さくらがつけている。

 AIG全英女子オープン優勝の渋野日向子は前半7ホールまでを終えて、2バーディー、2ボギーのイーブンパー。現在連続イーブンパー以上のラウンド数をツアー記録の「28」まで伸ばしており、この日のラウンドで新記録が達成されるかが決まる。昨年Vの韓国の申ジエは2バーディー、3ボギーの1オーバーでホールアウト。2016年優勝の鈴木愛も2バーディー、5ボギーの3オーバーとともに出遅れた。

多くのギャラリーに見つめられながらドライビングレンジで練習を行う渋野日向子(カメラ・渡辺 了文)
1番、ティーショットを放つイ・ボミ(カメラ・渡辺 了文)
すべての写真を見る 2枚

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請