「第17回クラブ対抗 正木杯」SAMURAI四国優勝…徳島・堂ノ浦

総勢100人が参加した正木杯。今年も大盛況だった
総勢100人が参加した正木杯。今年も大盛況だった

 私が主催する夏のイカダかかり釣りの祭典、第17回「クラブ対抗 正木杯」が8月18日、徳島県鳴門市堂ノ浦の報知フィッシングクラブ・細川渡船のカセ、ヤカタで行われた。

 参加選手は93人、役員・スタッフを入れると総勢100人。中には海外(タイ)や東京、岐阜、広島、京阪神など遠方からの参加者もいて大盛況の大会となった。

 午前4時30分に受け付けを開始。開会式を経て出船。渡船は2船で何度も往復する。当日は台風一過の日本晴れで微風、海は少し濁りが残り、好釣果が期待された。

 しかし、暑さは厳しく、熱中症などが心配されたので再三見回りに行ったが、午前9時の見回りですでに各所でチヌが上がっていた。4尾釣っている猛者もいて、今回もたくさん釣れると確信。昼の見回りでは、その釣れ具合に計量が大変と、うれしい心配に変わった。

 納竿は午後2時。渡船が帰ってくるたびに大量のチヌが持ち込まれ、やはり計量に時間がかかったが、その間の待ち時間はかき氷で涼をとってもらった。

 集計の結果、クラブ優勝はSAMURAI四国(24尾)。準優勝は飛潮会(17尾)。3位・SAMURAI三京岐(15尾)、4位・岡山七福会(14尾)、5位・黒技研(13尾)。個人1位は黄田光春さん(18尾)、2位・梶原慎也さん(9尾)、3位・山田清市さん(8尾)。チヌ大物賞は石原道夫さん(44センチ)、レディース賞は中村いずみさん(3尾)となった。

 各メーカーはじめご協賛いただいた多くの方々、そして今年もお世話になった細川渡船様、大会参加していただいた皆様。大感謝でございます。誠にありがとうございました。(報知APG・正木 義則)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請