紀平「ジャズっぽいイメージ」真っ青新衣装でノーミスSP

真剣な表情で練習する紀平梨花(カメラ・矢口 亨)
真剣な表情で練習する紀平梨花(カメラ・矢口 亨)
真剣な表情で練習する紀平梨花(カメラ・矢口 亨)
真剣な表情で練習する紀平梨花(カメラ・矢口 亨)

 フィギュアスケートのオータムクラシックは12日にカナダ・オークビルで開幕する。今季初戦を迎える紀平梨花(17)=関大KFSC=は11日、本番リンクでの公式練習に参加した。

 ショートプログラム(SP)「ブレックファスト・イン・バクダッド」の曲かけでは冒頭の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)、フリップ―トウループの連続3回転、3回転ループをすべて成功させるなど、ノーミスでまとめた。4日にルッツの踏み切りで左足首をひねった影響で、今大会は最後のジャンプをルッツからループに変更して臨む予定だ。

 3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)は8本中5本の高確率で着氷。「体が動いていなくても力で持って行くことができてきた。はまらないジャンプもしっかり着氷できるようになってきた。それもいいことだけど、すごいはまったというジャンプをたくさん跳べるように明日の練習で確認したい」と話した。

 SP、フリー共に2着ずつ新たに衣装を作った。「(SPの曲に)ジャッズっぽいイメージがあったので、真っ青か真っ赤にしようと思った」。この日は青にゴールドのラインが入った新衣装をお披露目した。

 今季フリーで挑戦予定の4回転サルコーについては「まだ迷っている。3回転サルコーがまだはまらないことが多くて、4回転までいかなかった。3回転サルコーがうまくはまる状態に持って行けたらフリーの朝練で練習をしてみる」と語り、直前まで様子を見る。

 間もなく幕を開けるシニア2年目のシーズンへ「昨季よりも安定したショートとフリーをどの試合でも出せるようにしたい。高難度の4回転にも挑戦すると思うので、難しい構成にして良かったと思える成績を今季出せたらいい」と意気込んだ。

 女子ショートプログラムは12日に行われる。

真剣な表情で練習する紀平梨花(カメラ・矢口 亨)
真剣な表情で練習する紀平梨花(カメラ・矢口 亨)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請