10月に中東合宿プラン…敵地ドゥシャンベは年間通じ砂嵐発生、経由地で調整も

日本代表合宿の様子
日本代表合宿の様子

 日本代表が、敵地で行われるW杯アジア2次予選第3戦・タジキスタン戦(10月15日)前に経由地で合宿を張るプランがあることが11日、分かった。カタールなど中東が候補に挙がる。

 ミャンマー戦から一夜明けたこの日、同地で取材対応した森保一監督(51)は、「実際に実行するかは別として」と前置きし、「対戦国に行って練習場が確保できない、環境も読めない中で、(経由地で)練習する考え方はあります」と明かした。

 今回のミャンマー戦では4日前に現地入りしたが、連日のスコールで満足なトレーニングができなかった。当初考えていたメンバー変更なども不発に終わり、調整法を再考する構え。タジキスタン戦が行われるドゥシャンベは年間を通じて砂嵐が発生するため、前回対戦した11年のW杯予選でも経由地のドーハで合宿を行った。確実にアジアを勝ち抜くため、最善策を実行する。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請