「大門未知子」米倉涼子VS市村正親&ユースケ・サンタマリア…「ドクターX」で激突

白衣姿でポーズを決める(左から)ユースケ・サンタマリア、米倉涼子、市村正親
白衣姿でポーズを決める(左から)ユースケ・サンタマリア、米倉涼子、市村正親

 女優の米倉涼子(44)が主演するテレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(10月17日スタート、木曜・後9時)に俳優の市村正親(70)、ユースケ・サンタマリア(48)が初登場することが11日、分かった。

 米倉が失敗しないフリーランスの天才外科医・大門未知子を演じる人気シリーズの第6弾。市村が演じるのは「今世紀最大のコストカッター」と呼ばれる日系2世のブラジル人で、医師兼海外ファンド投資家のニコラス丹下(たんげ)。ユースケは丹下が医療の合理化のため、米ボストンから招いた外科医の潮一摩(うしお・かずま)を演じる。2人が未知子の前に立ちはだかる今回のキーマンだ。

 市村は「陰と陽を併せ持つ男。これまでに“大門未知子の敵”という立場で加入された、どなたとも違うキャラクター」と役柄を分析。その上で「市村正親ならではの味が出せたら」と意気込む。次世代インテリジェンス手術担当外科部長を演じるユースケは「僕はメジャーなものに縁がなく、メジャーなものほど呼ばれなかったので、呼んでいただけたのは本当にうれしかった」と語る。

 ほかにも武田真治(46)、清水ミチコ(59)、オリエンタルラジオ・藤森慎吾(36)、戸塚純貴(27)ら個性豊かな新キャラクターが登場。蛭間病院長役の西田敏行(71)らおなじみのメンバーも健在だ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請