土屋太鳳の姉・土屋炎伽さんグランプリ獲得「妹には私らしく頑張るよと伝えたい」 「ミス・ジャパン」日本大会で歓喜

「ミス・ジャパン」グランプリに輝いた土屋太鳳の姉・炎伽さん(カメラ・橘田 あかり)
「ミス・ジャパン」グランプリに輝いた土屋太鳳の姉・炎伽さん(カメラ・橘田 あかり)

 女優・土屋太鳳(24)の姉で会社員の土屋炎伽(ほのか)さん(27)が11日、東京・文京区のホテル椿山荘で開催された「ミス・ジャパン」日本大会に東京代表として出場し、見事にグランプリを獲得した。

 受賞の瞬間、他の候補と抱き合って喜び「大きなターニングポイントになるような挑戦がしたい、覚悟がいる一歩でしたが、挑戦をあきらめないで良かったと確信しています。ミス・ジャパンとして様々な人の心に寄り添い応援したいです」と満面の笑みで語った。

 明大卒業後、富士通のチアリーダー部で活躍するなど、太鳳に負けず劣らずの美貌(びぼう)で、6月に行われた東京大会で優勝。身長155センチと、47都道府県の候補者の中で2番目に小柄だが、水着審査でも堂々としたたたずまいで、この日も1次審査(44人→16人)、2次審査(16人→5人)を突破し、日本一に輝いた。

 この日は弟で俳優の土屋神葉(しんば=23)が来場し、姉を見守った。東京大会に訪れた太鳳は、この日は来場出来なかったが仲の良さは有名で「テレビ電話で『頑張ってね』と言ってくれた。お互いに心が折れそうな時に頑張れる存在。これから報告して、私らしく頑張るよと伝えたい」と笑顔。先日は芸能界入りにも意欲を見せていたが「妹が近くにいて厳しさも知っているので、簡単には…」と消極的で「幅広く活動していきたいと思ってます」と、当面はミス・ジャパンとしての活動に注力するつもりだ。賞金は1000万円だが、使い道を聞かれると「資格を取るための学費と貯金に」と堅実な一面も見せていた。

 同時開催された「Mr.JAPAN」には岡山県代表の消防士・岡田雄磨さん(25)が選ばれた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請