【楽天】けん制死? ボーク? 判定覆って6回に同点許す

◆日本ハム―楽天(11日、東京D)

 楽天が、不運な形で同点に追いつかれた。

 1点リードで迎えた6回。先発・則本昂は無死一塁、近藤の打席で素早いけん制で、帰塁できなかった一塁走者の西川を一、二塁間で挟んだ。挟殺プレーになると銀次(一塁手)―茂木(遊撃手)―則本―銀次と渡ってタッチアウト。チャンスの目をつぶしたように見えた。

 だが、審判団がすぐに集まって協議が始まると、則本のボークをとって、西川の二進を指示された。判定が覆って納得のいかなかった楽天・平石監督はすぐにベンチを出て審判団に抗議をしたが、判定は変わることなく覆ったままだった。その後、柳田球審が場内放送で「ボーク」と説明した。

 その後、無死二塁となった楽天は、近藤に左前適時打を浴びて不運な形で同点に追いつかれた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請