【東都大学準硬式野球】日大・石田が決勝打

6回、勝ち越しの適時打を放った日大・石田
6回、勝ち越しの適時打を放った日大・石田

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 日大3―1帝京大(11日・上柚木公園)

 日大が逆転勝ちで開幕から4連勝。2つ目の勝ち点を挙げた。先制したのは帝京大。3回、清水敦貴(1年=加藤学園)の右前打から好機を広げて敵失で先制。日大は6回1死二塁から敵失で同点とすると、なおも続いた2死二塁から石田崇人(3年=日大東北)の適時打で勝ち越し。7回にも代打・藤野隼哉(2年=栄東)の適時二塁打で1点を加えると、8回から登板した3番手の江越直胤(3年=長崎日大)がリードを守って逃げ切った。

 日大・石田崇人「チームの流れが良くなかった中、打ててホッとしています。気持ちいいです」

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請