【東都大学準硬式野球】中大・伴野が先制打

先制打を放った中大・伴野
先制打を放った中大・伴野

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 中大6―0専大(11日・上柚木公園)

 中大が専大に連勝して開幕から4連勝。2つ目の勝ち点を挙げた。初回1死一、三塁から伴野匠(1年=東海大菅生)の2点適時打で先制すると、4回に高橋孝成(1年=能代松陽)、8回には幸喜健太朗(1年=長崎日大)の適時打で1点ずつを追加。9回にも真谷健吾(4年=佐賀商)の2点適時打でリードを広げた。専大は4回1死二、三塁など好機を作ったが、中大の大澤魁生(3年=浦和学院)から近野佑樹(1年=浦和学院)の継投に完封された。

 中大・伴野匠「リーグ戦で結果が出ていなかったので。結果が出せてよかったです。次もチームに貢献出来るように頑張ります」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請