大阪八尾、久保が1失点完投で8強入り…第44回大淀大会

大阪八尾・久保は暑さの中、クレバーな投球で完投勝利を収めた
大阪八尾・久保は暑さの中、クレバーな投球で完投勝利を収めた

◆第44回大淀大会 ◇小学生の部▽2回戦 滋賀大津ボーイズ1―5大阪八尾ボーイズ(7、8日・本庄グラウンドほか)

 「第44回大淀大会」が7日、開幕した。小学生の部では大阪八尾ボーイズ(大阪中央支部)のエース・久保が1失点完投し勝利に貢献し8強入りを決めた。

 エース・久保が気温35度、湿度85%の中、熱投を見せた。初回、先頭打者に左前打こそ許したが、後続を断つと、一気に乗った。2、3回は3人ずつでピシャリ。「厳しいコースへ投げ込むことを心掛けた。審判さんが低めを取ってくれたので、そこを意識して投げた」とクレバーな一面も見せ「東大阪市長旗争奪野球大会」を制した滋賀大津打線を抑えた。

 そんな右腕を打線も強力に援護した。初回に川辺の遊内野安打で先制。3回に谷浦の適時二塁打などで2点を奪うと、4回には今井、5回にも本田がタイムリーを放った。二塁打を含む3安打2盗塁でチームをけん引した今井は「ほぼ毎日、(チームメートの)寺田、小山と公園で穴の空いたボールを使ってロングティーをやってるんです」と“秘密特訓”の成果が出てうれしそうだった。

 5回に味方の失策から1点を失った(自責0)が、久保は60球で完投勝利。「95点のデキです」。暑さのせいか、顔を紅潮させながらも笑顔を見せていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請