【ラグビー】日川、14大会連続49度目の花園狙う 全国高校ラグビー山梨県予選抽選会

抽選会でジャージー照合を行う日川・小嶋主将(左)ら参加各校の選手たち(カメラ・竹内竜也)
抽選会でジャージー照合を行う日川・小嶋主将(左)ら参加各校の選手たち(カメラ・竹内竜也)

 第99回全国高校ラグビー山梨県予選の組み合わせ抽選会が11日、山梨市内で行われた。

 8校が参加、10月19日に御勅使(みだい)南公園ラグビー場で開幕し、決勝戦は11月10日。優勝チームは12月27日に開幕する全国高校ラグビー選手権(大阪・花園ラグビー場)に出場する。

 14大会連続49度目の花園切符を狙う日川は、10月19日の初戦で都留興譲館と対戦する。主将で高校日本代表候補のNO8小嶋大士(3年)は「ここ(県大会)でしっかり花園につながる試合をしていきたい。自分たちの目標は花園で8強に行くこと。自分たちはFWが大きいので、FWで突破口を開いて、そこからバックスの展開でトライにつなげていきたい」と抱負を語った。

 日川はシードだが、小嶋主将は選手宣誓決めを兼ねた予備抽選で1番を引き当て、生まれて初めてという大役に選ばれた。「メチャメチャ緊張しています。(選ばれるとは)全然、思っていませんでした。(内容は)これから考えます」と、驚きを隠せない様子だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請