宮尾綾香が王座統一に意欲「4団体統一の第一歩に」

WBA女子世界アトム級王座統一戦に臨む暫定王者・宮尾綾香
WBA女子世界アトム級王座統一戦に臨む暫定王者・宮尾綾香

◆プロボクシングWBA女子世界アトム級(46・2キロ)王座統一戦10回戦 正規王者モンセラット・アラルコン―暫定王者・宮尾綾香(12日、東京・後楽園ホール)

 正規王者アラルコンとの統一戦に臨む宮尾綾香(36)=ワタナベ=が11日、都内で前日計量に臨み、宮尾が200グラムアンダーの46・0キロで一発クリア。アラルコンも45・5キロでパスした。

 計量に先んじて行われた調印式と記者会見では、王座統一に意欲を示した宮尾。「コンディションはバッチリです。昨年11月に予定していた試合。この間、アラルコンさんのことだけを考えて生きてきた。かける思いは熱いので、見ていただければと思います」とこの試合にかける思いを口にした。ここまで246ラウンドのスパーリングをこなしてきたことも明かし、並々ならぬ意欲で準備してきたという。

 会見では、「4団体統一を目指している」と話した宮尾。「あんまり先のことを言うと足元すくわれると言われるけど、選手としての寿命はそんなあるわけじゃない。4団体統一と言った方が頑張りやすい。夢じゃなく、目的です」とキッパリ言い切った。

 なお、この日はIBF女子世界アトム級(46・2キロ)タイトルマッチ10回戦も行われ、王者・花形冴美(34)=花形=が池山直(49)=フュチュール=の挑戦を受ける。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請