三浦春馬「俳優は血の通った職業」学生にやりがいを熱く語る

試写会にゲスト出演した(左から)矢本悠馬、三浦春馬、多部未華子
試写会にゲスト出演した(左から)矢本悠馬、三浦春馬、多部未華子

 俳優の三浦春馬(29)、矢本悠馬(29)、女優の多部未華子(30)が11日、東京・西新宿の東放学園映画専門学校で映画「アイネクライネナハトムジーク」(20日公開、今泉力哉監督)PRイベントに出席した。

 エンターテインメント業界を目指す学生の悩みに答えるイベント。10年前に悩んでいたことを聞かれると、当時、NHK連続テレビ小説「つばさ」に出演していた多部は「セリフ覚えに追われていました。1人暮らしを始めようかなとか、どんな恋愛していこうかなとか、普通の女の子が抱えるような悩みを抱えてました。それ以外はボーッと生きてました」と振り返った。

 仕事のやりがいについて三浦は「昔出ていた作品に心を動かされたと聞いたり、あの作品を見たから頑張れてるとか、何かの行動のきっかけになったという事実を伝えてもらった時ですね。血の通った職業だなと強く感じられる瞬間です」と笑顔。

 今年1月に結婚を発表した矢本は「この仕事だから結婚とかが報じられて、レストランの人がおめでとうってタダにしてくれたりする。テレビに出ている力だな」と笑わせていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請