【浦和】森脇、J1通算300試合出場の記念グッズ公開 写真入りクッションは「良いプレーしたらナデナデして」

9月11日、J1通算300試合出場を記念したグッズを公開した浦和DF森脇良太
9月11日、J1通算300試合出場を記念したグッズを公開した浦和DF森脇良太

 浦和の元日本代表DF森脇良太(33)が、8月23日の松本戦で達成したJ1通算300試合出場を記念したグッズを11日、報道陣にお披露目した。

 森脇の写真がプリントされたクッション、トートバッグ(2種類)、アクリルスタンドキーホルダーの計4点。浦和のクラブ会員「REX CLUB」のポイントで交換ができ、受注生産となる。ACL準々決勝・上海上港戦(埼玉)が行われる17日まで申し込みを受け付ける。

 自宅でリラックスしながらそばに置けるクッションは、試合で真っ先に得点者の元へ駆け寄る森脇にちなんで制作され「僕が良いプレーした時にはナデナデしてほしい」とニヤリ。さらに、トートバッグは昨年の天皇杯優勝時、カップを掲げる森脇を後ろで味方選手がシーンとした空気で見守る“シュール”な写真がデザインされ「これもプレーの一部。僕らしくていいですね(笑い)。何回でもやりたいですね」と感慨深げだった。

 2005年にプロデビュー。愛媛、広島でJ2時代に出場した100試合と合わせて、Jリーグ通算出場は400試合を超えた。チームメートからは「J2はカウントしちゃダメだよ~」とイジられるというが、「J2での経験がJ1の『300』という数字に大いに生きてる。支えてくれた人に恩返しできるように、体が動く限りは情熱を持ってやりたい」と決意を語った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請