玉川徹氏、小泉進次郎氏の入閣で田崎史郎氏に「裏で話を聞くと、安倍総理は進次郎さんのことが嫌いなんだよと、自分の内閣の間はいれないと…そこが疑問」

テレビ朝日
テレビ朝日

 11日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、安倍晋三首相(自民党総裁)が11日発足の改造内閣で、小泉進次郎衆院議員(38)=神奈川11区=を環境相で初入閣させる人事を内定したことを特集した。

 入閣すれば戦後3番目、男性では史上最年少閣僚となる。小泉家は、戦前に逓信大臣を務めた進次郎氏の曽祖父・又次郎氏から4代続けての大臣誕生となった。進次郎氏は先月、フリーアナウンサーの滝川クリステル(41)と結婚した。年明けの第1子誕生後には育休取得を検討していると表明。入閣するかどうかが注目されていた。

 スタジオには政治ジャーナリストの田崎史郎氏が出演。コメンテーターで同局の玉川徹氏は「田崎さん、今までずっと裏で話を聞くとですね、安倍総理は進次郎さんのことが嫌いなんだよと、自分の内閣の間はいれないというお話をされていた、そこが疑問なのとあと育休?これどうなるんだと」と尋ねた。

 この質問に田崎氏は「距離はあったんです。それは総理は結果重視。あれこれ言うよりも結果出せよという気持ちなんです。それに対して小泉さんは世論を喚起しながらやる政治手法なんです。その部分で相容れない部分があって、お互いの距離感はありました。あったんで、僕はないだろうと思っていたんですけど、間違って申し訳なかったんですけども」と答えた。

 また、「育休については昨日の総理と進次郎さんお話の中で総理の方から育休に触れてそれに対して進次郎さんはいろんな人の意見を聞いて考えたいと。国民に迷惑を与える形にはしませんと」と明かしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請