南野、ヘッドで2戦連発… 森保体制最多タイの7点目

前半、チーム2点目のゴールを決める南野拓実
前半、チーム2点目のゴールを決める南野拓実
ミャンマー戦・日本代表の布陣推移
ミャンマー戦・日本代表の布陣推移

◆W杯アジア2次予選 ミャンマー0―2日本(10日、ミャンマー・ヤンゴン・トゥウンナスタジアム)

 森保ジャパンが快勝スタートを切った。F組初戦が敵地で行われ、日本はミャンマーを2―0で下した。前半16分にMF中島翔哉(25)=ポルト=が豪快なミドルで先制点を挙げると、同26分にはMF南野拓実(24)=ザルツブルク=が大迫勇也(29)=ブレーメン=に並ぶ森保体制最多7点目を奪取。激しい雨が降り続ける劣悪なコンディションをものともせず、W杯への大きな1勝を手にした。次戦は10月10日に埼玉でモンゴルと対戦する。

 得点という目に見える結果で、南野がその存在意義を示した。前半26分。ゴール前でフリーとなると、MF堂安のクロスに頭で合わせた。ゴール左に沈め、5日の親善試合・パラグアイ戦に続いての2試合連続ゴール。MF中島の先制点からわずか10分後とチームにとって大きかった追加点は、森保ジャパンではFW大迫と並び最多タイとなる7点目。「チームの勝利に貢献できたことは満足していますし、初戦を勝利で終えられたことは良かった」と振り返った。

 この日は圧倒的にボールを支配する展開の中、トップ下ながら1トップのFW大迫とポジションチェンジも行いながらゴールを狙った。前半5分には左足で、同18分にもヘディングで狙った。しかし、得点は1点だけと、最低限の結果ともいえる内容。トップ下のポジションは、6月の南米選手権で久保が務めたこともあり決して安泰ではない。激しいチーム内競争の中で、さらなる成長が求められる。

前半、チーム2点目のゴールを決める南野拓実
ミャンマー戦・日本代表の布陣推移
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請