吉田麻也主将、初戦勝利も課題挙げる「後半のパフォーマンスの質はあまり良くなかった」

前半、ピッチに乱入した観客を見つめる吉田麻也(左)(カメラ・宮崎 亮太)
前半、ピッチに乱入した観客を見つめる吉田麻也(左)(カメラ・宮崎 亮太)

◆W杯アジア2次予選 ミャンマー0―2日本(10日、ミャンマー・ヤンゴン・トゥウンナスタジアム)

 日本代表は、カタールW杯へ向けた初戦となる2次予選ミャンマー戦で2―0で勝利した。前半16分にMF中島翔哉のゴールで先制。同26分にはMF南野拓実のヘディング弾で追加点を挙げ、そのまま逃げ切った。

 DF吉田麻也主将(W杯予選初戦勝利)「この試合の目標は勝ち点3を持ち帰ること。それは良かったですが、後半のパフォーマンスの質はあまり良くなかった。それはパラグアイ戦でも同じ事がいえたので、引き続きの課題かなと思う。けれど、この悪い環境の中でスタッフも選手もよく頑張った。これからまた欧州、日本に帰ってシーズンがある中で、来月またいいコンディションで代表戦を迎えられるようにしていきたい」

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請