ヤンキース・田中の来季への課題は…ヤ軍コーチが明かす 

8日のレッドソックス戦で4回4失点で降板したヤンキース・田中(ロイター)
8日のレッドソックス戦で4回4失点で降板したヤンキース・田中(ロイター)

 8日のレッドソックス戦で、味方の援護を受けながら4回4失点で降板し11勝目を逃したヤンキースの田中将大投手(30)について、ロスチャイルド投手コーチは一夜明けた9日、「昨日はベストな状態ではなかったが、この球場では、左打者の対策が大事になるだろう」と、来季への課題を挙げた。

 夏場は球種が読まれたり、スプリットを見極められたりしたが、それらの問題点を克服した前日の対戦では、左打者がシフトの逆を突いて逆方向に打球を飛ばすなど、相手もアプローチを変えてきた。同コーチは「彼らはいい戦術に長けており、この球場はタフ。だが、田中は知的な投手であり、色々な引き出しがある」と指摘。リベンジを狙う来季に向け、課題は明確になった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請