オダギリジョー、初の長編監督挑戦の理由は? 「健康診断を受けた時にあまり結果が良くなくて…」

日本外国特派員協会での試写会に登場したオダギリジョー
日本外国特派員協会での試写会に登場したオダギリジョー

 俳優のオダギリジョー(43)が9日、東京・日本外国特派員協会で映画「ある船頭の話」(9月13日公開、オダギリジョー監督)の試写会に参加した。

 自身初となる長編映画で、8月28日から開催された第76回ベネチア国際映画祭のヴェニス・デイズ部門(コンペティション)に出品した。今回が凱旋(がいせん)後、初の記者会見となった。

 現地での反応は「想像している以上に温かい拍手を頂いた。逆に居心地の悪さを感じた。反応が良すぎて。そんな拍手頂くような映画じゃないと思った」と独特の表現でコメント。地元の観客の反応も良く、「次の日、街を歩いていたときも映画見たよと言われたり。じかの反応はうれしかった」と手応えを感じたようだ。

 オダギリはもともと俳優志望ではなく、映画監督志望だった。なぜ今になって監督作を撮影したのか問われると、「詳しくは言えないですが…」と前置きつつ、「健康診断を受けたときにあまり結果が良くなくて。残された自分の時間というのを考えた。残された時間を何をするか考えたとき、映画撮りたいのに、自分でやりたい気持ちを閉じ込めていた。映画を撮りたいという気持ちがそれを追い越したということです」と明かした。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請