織田信成氏、母校の関大アイススケート部監督兼コーチを退任 多忙を理由に

織田信成氏
織田信成氏

 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子代表の織田信成氏(32)が9日、母校である関大アイススケート部の監督兼コーチを同日付で退任したと同大が発表した。

 織田氏は17年4月に同職に就任。プロスケーターやタレントなどの仕事と並行して、後輩の指導にあたっていた。同大によると契約期間は2年間で、この春に新たに2年契約を結んでいたが、多忙を極める織田氏側から退任の意向を伝えられ、大学側も了承したという。関大は「大変残念ではありますが、今後も本学フィギュアスケート関係でご指導、ご鞭撻を賜る機会があることと存じます。心から感謝を申し上げますとともに、ますますのご活躍を祈念いたします」とコメント。後任監督は未定としている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請