蝶野正洋、台風15号の影響でTBSラジオ生出演ならず…「道路が麻痺状態で異常でした」

蝶野正洋
蝶野正洋

 プロレスラーの蝶野正洋が9日、台風15号の影響で悪化した交通事情のため生出演を予定していたTBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜・前8時半)への出演を断念した。

 蝶野は午前10時からのゲストコーナーに生出演予定だったが、10時過ぎにパーソナリティーの伊集院光が「蝶野さんちょっと間に合いそうにないかしら、プロレスファンの皆さん、蝶野さんファンの皆さんごめんなさい」と伝えた。その上で蝶野へ「向かっていただいていると思うんですけど、交通の状況がよくなくて無理をなさらないでください」と呼びかけ「改めて蝶野さんのゲストコーナーをやりたいと思います」と後日、蝶野を招くことも約束し、別の特集を放送した。

 その後、10時31分過ぎに蝶野は、スタジオへ電話をかけ伊集院へ「おはようございます。すみません、伊集院さん。間に合わなかった」と謝った。その上で「自分、神奈川なんですけど、東名とか止まっていたから下ろされた人たちが全部、下の道で、もう麻痺状態ですね」と道路状況の悪化で生出演が間に合わなかったことを説明した。「今日は異常でしたね。7時台ぐらいに東京へ向かって動いていたんですけど、皆さんが下で動いていて高速から下りて迂回する人たちでパンパンでしたね」と振り返った。

 こうした状況に伊集院から仕切り直しの出演を呼びかけられ「来てもらった時には、罰としてビンタですから」と突っ込まれると爆笑し、「またよろしくお願いします。すみませんでした」と話していた。

 また、蝶野は、更新した公式ツイッターでも生出演できなかったことに「本日のTBSラジオ「伊集院光とらじおと」出演、台風の交通状況で間に合わない…台風

台風ね…伊集院さんゴメン!」と謝っていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請