アストロズ・コールが20年ぶり2度目の3試合連続14K

 アストロズのゲリット・コール投手(29)が8日(日本時間9日)、本拠のマリナーズ戦で8回を投げ1安打1失点で12連勝、16勝目(5敗)を挙げた。

 奪った三振は15。8月28日から3試合連続14奪三振以上で、1999年レッドソックスのペドロ・マルティネス以来史上2人目の快挙となった。また、奪三振10以上で無四球6度はメジャータイ記録。

 チームは22安打の猛攻で21―1。全員得点、全員打点のワンサイドゲームに、コールは「(捕手マルドナドの)守備もすごいし、打線もすごい。自分がこんなに良くなるとは思わなかった。本当にスペシャルな日になった」と笑顔を見せた。

 チームメートのバーランダーが防御率と勝ち星が1位(18勝&2・52)で奪三振2位(264)。一方、コールは防御率2位(2・73)と勝ち星は4位の16勝、奪三振281はトップと豪腕コンビで独走に大きく貢献している。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請