今平の“勝利の女神”婚約者が1試合限定2年ぶりキャディーに

4月、マスターズ開幕前日に婚約者の若松菜々恵さんとコース内を歩く今平周吾
4月、マスターズ開幕前日に婚約者の若松菜々恵さんとコース内を歩く今平周吾

 昨季賞金王の今平周吾(26)=フリー=が2週後の日韓アジア3ツアー共催となるシンハン・ドンヘ・オープン(18日開幕、韓国)で、婚約者の若松菜々恵さん(23)を2年ぶりにキャディーで起用することが8日、明らかになった。今平は「海外の試合なのでイメージを変えてみようかなと思った。お願いしたら引き受けてくれたのでよかった」と話した。

 若松さんは、今平が初優勝した17年5月の関西オープンでキャディーを務め、“勝利の女神”として注目された。同年秋の2試合で担いだのを最後にキャディーはしていない。現在は婚約中で、遠征に帯同しながら今平を支えている。今回は1試合限定でのコンビ復活となる。

 今平は今季未勝利ながら、2位2回で賞金ランク4位(約4756万円)と、2年連続の賞金王獲得へ射程圏につける。この日は、後半の3バーディーで70にまとめ、7アンダーの6位。「ショットがよくなかったので、あまりチャンスにつかなかった」と満足はしていないが、今季7度目のトップ10と抜群の安定感を発揮している。まずは次週、2年前にプレーオフに残るなど(2位)、相性のいいANAオープンに全力を尽くす。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請