“笑わない男”プロップ稲垣、「原点」でW杯8強誓う…母校・新潟工に天然芝寄付

母校・新潟工のグラウンド開きに訪れた稲垣(中)は笑顔を見せる
母校・新潟工のグラウンド開きに訪れた稲垣(中)は笑顔を見せる
ラグビー日本代表の日程
ラグビー日本代表の日程

 ラグビー日本代表プロップ稲垣啓太(29)=パナソニック=が8日、母校・新潟工のグラウンド開きに参加した。自身の寄付300万円で天然芝化が実現。緑に生まれ変わった「原点」の場所で珍しく笑顔もあふれた。500人以上の参加者に花道で送り出され、20日開幕のW杯で恩返しの8強以上を誓った。

 天然芝が生えそろったグラウンドを前に、普段は無表情の稲垣も思わず頬が緩んだ。300万円を寄付し、苗作りの作業にも参加した「原点、特別な場所」が緑に生まれ変わった。集まった新潟市内のラグビースクール生、後輩部員、OBら約500人を前に「W杯へ再スタートが切れる。恩返しのためにもいい結果を報告できるよう頑張りたい」と決意を新たにした。

 花園43回出場の強豪も部員減に直面し今春は7人のみ。樋口猛監督(47)が発案した打開策に稲垣は「母校のため、新潟県のラグビーのためなら」と賛同した。7月に苗を移植した直後の2週間は雨が降らず、せっかくの作業が台無しになるピンチを迎えた。毎日水をまき育てた恩師は「緑のグラウンドで稲垣を送り出したいと思ってやってきた。見たかった光景」と涙した。

 稲垣にとって、6日に南アフリカ戦を終え、しばしのオフでの帰省。同級生らとの再会にファンには定着した「笑わないキャラ」もこの日は崩れた。「たまには普通に笑いますよ」と照れながら、30度を超す暑さの中、汗だくで丁寧にファンサービスをした。

 緑の上を駆けて試合をした子供から早速「ここで練習することを目標に頑張ります」と声をかけられた。名前を冠した大会開催の意向も「なきにしもあらず」。新潟愛あふれる男は「新潟県のラグビーの希望の場所、中心になってほしい。未来を担う選手が成長して世界に羽ばたいてほしい」と願いを託す。そのお手本になれる活躍をW杯で期す。(大和田 佳世)

母校・新潟工のグラウンド開きに訪れた稲垣(中)は笑顔を見せる
ラグビー日本代表の日程
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請