馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

【京成杯オータムH】ブービー人気のカルヴァリオが4着 黛「いいきっかけになる」

4着のカルヴァリオ(カメラ・池内 雅彦)
4着のカルヴァリオ(カメラ・池内 雅彦)

◆第64回京成杯オータムH・G3(9月8日・芝1600メートル、中山競馬場、良)

 サマーマイルシリーズ最終戦は16頭によって争われ、横山典弘騎手が騎乗した4番人気のトロワゼトワル(牝4歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が鮮やかな逃げ切りVを飾った。勝ち時計1分30秒3は、従来の記録よりも0秒4速いコースレコード。

 3馬身半差の2着は5番人気のディメンシオン(北村宏司騎手)。3着には10番人気のジャンダルム(藤井勘一郎騎手)が入った。

 黛騎手(カルヴァリオ=4着)「落ち着きがあって、口向きの悪いところもなく乗りやすかった。このメンバーでこれだけ走れて、いいきっかけになる」

 三浦騎手(プロディガルサン=5着)「ペースが速かったし、ついて回れなかった。最後は2着の馬をとらえられるかなと思ったけど、ソラを使ってしまった」

 大野騎手(ストーミーシー=6着)「うまく潜り込んでいいリズムだったけど、最後の直線で少し窮屈になった」

 Mデムーロ騎手(ロードクエスト=8着)「抜群の手応えだったけど、4コーナーで外に飛ばされてあぶみが外れて、右トモ(後肢)も落鉄していた」

 内田騎手(ヒーズインラブ=9着)「難しい展開だったけど、最後の直線も止まっていないし、次に期待」

 丸山騎手(レインボーフラッグ=10着)「中1週でもあり、返し馬で硬いところがあった。それに、このメンバーで、この距離は長かった」

 津村騎手(キャプテンペリー=12着)「いい雰囲気だったけど、時計が速すぎた。でも、頑張った」

 秋山騎手(プールヴィル=13着)「牝馬限定戦なら乗り方で何とかなるけど、牡馬相手だと小手先だけでごまかせない」

 石橋騎手(フローレスマジック=14着)「雰囲気は良かったけど、スタートが致命的だった」

 嶋田騎手(ヤングマンパワー=15着)「ついていくのに精いっぱいだった」

 木幡巧騎手(ハーレムライン=16着)「きつい競馬で、かわいそうだった」

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請