【広島】長野、スライディング美技でジョンソンから「ヤングマン」…会見全文

スポーツ報知
お立ち台にあがった長野(左)とジョンソン

◆広島3―2阪神(8日・マツダスタジアム)

 3位の広島が阪神に競り勝って2カード連続の勝ち越し。2位・DeNAに1ゲーム差まで接近した。

 移籍後4度目の4番に入った長野久義外野手(34)が、3回に先制2点打を放った。2死から西川、菊池涼の連打と鈴木の四球で満塁のチャンス。フルカウントから岩貞の低め変化球を叩くと、打球は三遊間を割った。

 移籍後最長の5試合連続安打は移籍後初となる連日の適時打。勝利打点は4月27日のヤクルト戦(神宮)以来2度目。敵地も含めて移籍後初めてヒーローインタビューに登壇した赤チョーさんが、照れながらもファンの声援に応えた。

 ―初のお立ち台。

 「はい。ちょっと遅くなったので申し訳ない気持ちしかないです」

 ―打席での気持ちは。

 「すごく大きな声援をいただいたので、すごく感謝しています」

 ―適時打。

 「みんなツーアウトからしっかりつないでくれて、僕も何とかまっちゃん(松山)につなごうと打席に入った結果、いいところに転がってくれました」

 ―1軍で好結果。

 「チームが勝てるよう全力でやってます」

 ―チームの雰囲気は。

 「いいと思います」

 ―意気込みを

 「はい、ええ頑張ります」

 (囲み会見)

 ―夏場に好調。

 「いっぱい食べていっぱい寝るようにしています。あとしっかり打席の中でバットを振るようにしています」

 ―前日に赤松が引退発表。

 「打てて良かったです」

 ―3回先頭・木浪の左翼線への打球をスライディングキャッチ。攻守にいいプレー。

 「クリス(ジョンソン)も中4日で頑張ってたので、何とか先制点という気持ちでした。(好守のあとジョンソンに)『ヤングマン!』と声をかけられました」

 ―4番打者。

 「気にしていません。いい形で後ろにつなぐことを考えています。どの打順でもそうです」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×