【中日】巨人、DeNA相手の6連勝 あるぞ逆転CS

4回無死、京田は右中間への三塁打を放つ
4回無死、京田は右中間への三塁打を放つ

◆中日5―2DeNA(8日・ナゴヤドーム)

 中日が巨人、DeNAの上位2球団を相手に今季2度目の6連勝を飾った。

 両チーム無得点で迎えた4回に京田が右中間への三塁打でチャンスを作ると、福田の一邪飛の間にヘッドスライディングで生還。6回には1死から福田、ビシエドの連続適時打で3点を追加した。7回にも駄目押し二塁打を放った京田は「大野さんが頑張っていたので、1点でも多くと思って食らいついていきました」と振り返った。

 先発・大野は9回にソトに2ランを浴びて降板したが、8回1/3を5安打、2失点で8勝目。最速150キロの速球を主体に、11三振を奪う快投だった。

 10日からは4ゲーム差をつけられている3位・広島と直接対決が待っている。カープ戦のビジターは8戦全敗と相性が悪いが、逆転でのクライマックスシリーズ出場に向け、機運は高まりつつある。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請