馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

蒸し暑さに負けず(美浦)

 こんにちは、坂本です。台風の行方が気になる今日この頃ですね。

 さて、今日は東京・品川にある会社で仕事をしていますが、隣接するタワーマンションの1階には大手スーパーマーケットMが入っています。昼ご飯を物色していると、目に入ったのは新千歳空港でおなじみの空弁。どうやら北海道フェアをやっていまして、1000円近い大枚をはたいて購入しました。1か月前は札幌出張していたことを思うと、何だか懐かしい気持ちも。ちゃんと健康のためにほうれん草サラダも購入。忘れちゃいけないプロ野球チップスからは、ソフトバンクの内川選手と日本ハムの王柏融選手が出ました。って、塩分過多に注意しなくてはいけませんね(苦笑)。

 さて、まずは国枝厩舎から。今日(9月7日)の中山・アスター賞(芝1600M)で、【サクセッション(牡、父キングカメハメハ)】がデビュー2連勝を飾りました。スピード自慢らしくハナを取り、開幕週の馬場を利して余裕の押し切り勝ちでした。ルメール騎手が「マイルはピッタリ」と語ったように、次は大舞台に進むのか、いよいよ楽しみですね。ちなみに今週の木曜日に福島・ノーザンファーム天栄に視察へ行っていた国枝師。【サトノフラッグ(牡、父ディープインパクト)】は、「いくらかシャキッとしてきた。もう少しで戻ると思う」と、改めて東京でのデビューを目指していくそうです。8月24日の新潟未勝利戦(芝1800M)を勝った【ゴールデンレシオ(牡、父ディープインパクト)】は、アイビーS(10月19日、東京)に向かうそうです。

 続いては木村厩舎から。新馬の【ヴォリアーモ(牝、父ルーラーシップ、母リビアーモ)】は、9月14日の中山新馬戦(芝1800M)に向けて順調そうです。「気の強さを見せるところがある。それを生かせれば。ゆったりと走って、いいフットワークを少しでも持続させれれば。跳びは大きいです」と木村調教師です。また【ミアマンテ(牝、父キングカメハメハ、母ミスエーニョ)】は、9月16日の中山新馬戦(芝1600M)で初陣の予定で、「2歳から活躍して、気持ちの強いファミリー。オンとオフの調整が、いくらか利くので、そのへんに良さを見ています」と評価しています。【アルマス(牡、父オルフェーヴル、母カニョット)】は、9月21日の中山新馬戦(芝2000M)。【レッドラルジュ(牝、父オルフェーヴル、母ラグジャリー)】は、G1戦線で活躍したショウナンマイティの半妹。こちらは9月28日の中山新馬戦(芝1600M)でデビューを目指しています。

 そして堀厩舎の【サリオス(牡、父ハーツクライ)】が、8月30日に美浦に帰厩してきました。こちらは完勝だった新馬戦に続いて、次走はサウジアラビアロイヤルC(10月5日、東京)で重賞初挑戦を目指します。森助手は「順調に夏を過ごしてくれました。ここから少しずつピッチを上げていきます」と語っていました。

 それでは今日はこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請