【阪神】3位・広島に2・5差 西8回3失点で7勝目&打線も3回までに7点を奪って快勝

スポーツ報知
7勝目を挙げた西勇輝

◆広島3―7阪神(7日・マツダ)

 阪神は投打がかみあって快勝し、3位・広島と2・5差に迫った。

 先発の西が、11安打を浴びるなど再三走者を許しながら、8回を3失点にまとめて7勝目。「みんなで乗り切って明るくいければ、去年と違うぞというのが見えてくると思うので。何とか全員で戦っていきたいと思います」とさらなる浮上を誓った。

 打線も、初回の福留の適時二塁打、2回の木浪の適時打で先手を奪うと、3回に爆発。高山の3号3ランと、近本の2点適時打が飛び出すなど、打者11人で5点を奪い、序盤から完全にペースを握った。

 矢野監督は「今日、みんなで(白星を)取れたので、(8日の広島戦は)本当に総力戦で。明日、うちはいくしかないんでね。思い切って全員で行こうかなと思います」と力強かった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請